産業機器、製造業に関するメールマガジン配信中! >>登録&詳細はこちら

残響室とは

騒音測定に利用される部屋で、音を吸収しない硬い材料で壁を覆い、音の反射率を上げた部屋。
残響室内で音を発すると音は均一に広がり、音を止めた後でもしばらくの間音が鳴り響く。
機械等から発生する音の音響パワーレベルの計測、吸音材や遮音材の評価に用いる。
残響室と反対の性質を有する部屋は無響室である。

残響室取り扱い企業一覧

残響室の取り扱い企業募集中!

産業機器.comに製品を掲載しませんか?

>>WEB営業力強化支援サービス

おすすめ動画