産業機器、製造業に関するメールマガジン配信中! >>登録&詳細はこちら

共焦点顕微鏡とは

レーザー顕微鏡の一種で、試料表面の立体構造の評価や、暗い蛍光画像を明るく撮ることが可能。
共焦点レーザー顕微鏡(レーザー共焦点顕微鏡)とも呼ばれる。

■共焦点顕微鏡の利用分野
医学・生物学の他、電子部品、自動車、金属やセラミックなどの材料、FPD、化学、微小部品など多岐にわたる。

■共焦点顕微鏡の用途
微小領域の顕微鏡試験、形状測定に用いる。
→元来は生物の微細形態観察に用いられてきた。
現在ではMEMSなどの微小部品、TFT液晶アレイやPDPといったFPD関連部品、セラミックコンデンサやプリント基板に代表される電子部品の他、様々な材料・部品の観察に用いられている。

■共焦点顕微鏡の特徴
光学顕微鏡に比べ、以下の点に優れる。
・観察像のコントラストが良いため、鮮明に見える
・分解能が高い
・試料の断面像が得らることができ、立体画像が描けるまた、断層(スライス)画像を得るにあたり試料を超薄切片にする必要がなく、さらにスライス画像データを解析処理することで3次元立体像の構築も可能。

■共焦点顕微鏡の原理
レーザー光を対物レンズに通し、蛍光を発生させることで試料を極めて小さいスポットで照明し、スポットをスキャンして画像を構成する。
スポット前後で生じた蛍光フレア(観察点前後の蛍光)をピンホールの作用で除き、スポットでの発光のみを検出して試料を観察する。

■共焦点顕微鏡に用いられる光源
ガスレーザー、半導体レーザー、白色光源

共焦点顕微鏡取り扱い企業一覧

共焦点顕微鏡の取り扱い企業募集中!

産業機器.comに製品を掲載しませんか?

>>WEB営業力強化支援サービス

おすすめ動画