産業機器、製造業に関するメールマガジン配信中! >>登録&詳細はこちら

顕微赤外分光光度計とは

赤外光を試料に照射したときに試料が吸収または反射するスペクトルを測定することで、試料の同定や分析を行う機器。
試料の微小領域の分析が可能。
有機化合物の同定や分析の他、金属錯体の構造分析や半導体・金属基板上の薄膜、多層膜の分析などに用いられる。
略して顕微IRと呼ばれることもある。

顕微赤外分光光度計取り扱い企業一覧

顕微赤外分光光度計の取り扱い企業募集中!

産業機器.comに製品を掲載しませんか?

>>WEB営業力強化支援サービス

おすすめ動画