産業機器、製造業に関するメールマガジン配信中! >>登録&詳細はこちら

溶存酸素計とは

水の中に溶け込んでいる酸素の量(溶存酸素量)を計る時に使用する機器で、酸素計の一種。
溶存酸素量を計ることにより、大体の水中の生物、有機物の状態が判別できる。

■溶存酸素計の用途
養殖場などでの水質管理や、工業排水の測定、火力発電プラントにおけるボイラー給復水系の監視、河川の水質汚染の監視など

■溶存酸素計の測定方式
ガルバニック式、ポーラログラフ式

■溶存酸素計の別称
酸素センサー

■溶存酸素計関連の豆知識
・溶存酸素はきれいな水に多く含まれる。
→溶存酸素が多いほど、河川等の汚染が少ない。
→きれいな水は金属等の腐食を早めるため、火力発電プラントのボイラー系が腐食しないように溶存酸素計を用いて監視する必要がある。

溶存酸素計取り扱い企業一覧

溶存酸素計の取り扱い企業募集中!

産業機器.comに製品を掲載しませんか?

>>WEB営業力強化支援サービス

おすすめ動画