産業機器、製造業に関するメールマガジン配信中! >>登録&詳細はこちら

近赤外分光光度計とは

物質が近赤外光を吸収または発光する性質に基づいて、含有成分の定量分析などの化学的な構造分析を行う機器。
主に食品中の成分分析に用いられ、固体、半固体(ペースト等)、粉体、液体のいずれの状態でも分析可能。
非破壊分析機器の一種でもある。
NIR,NIRSと呼ばれることもあり、近年ではフーリエ変換型の近赤外分光光度計が主流となっている。

近赤外分光光度計取り扱い企業一覧

近赤外分光光度計の取り扱い企業募集中!

産業機器.comに製品を掲載しませんか?

>>WEB営業力強化支援サービス

おすすめ動画