産業機器、製造業に関するメールマガジン配信中! >>登録&詳細はこちら

パルス核磁気共鳴装置とは

数マイクロ秒程度のパルスに対する応答信号を検出し、物質中に含まれる核スピンの共鳴信号を受信・増幅することで、物質の成分量を測定する装置。
高分子の結晶と非晶の定量、高分子物性研究などに用いられる。
パルスNMRと略する。

パルス核磁気共鳴装置取り扱い企業一覧

パルス核磁気共鳴装置の取り扱い企業募集中!

産業機器.comに製品を掲載しませんか?

>>WEB営業力強化支援サービス

おすすめ動画