産業機器、製造業に関するメールマガジン配信中! >>登録&詳細はこちら

ガスクロマトグラフとは

高分離能、高感度である性質を利用して、有機化学物質のうち、混合物の状態で存在している多成分系混合試料、微量含有成分の定性、定量分析を行う装置。
検出器には様々な種類があるが、代表的なものは電子捕獲型検出器(ECD:BHC等の塩素系農薬やPCBの分析に利用)、炎光光度検出器(FPD:硫黄やリンを含む有機化学物質の検出)、熱イオン化検出器(FTD:窒素やリンを含む有機化学物質の検出)、熱伝導検出器(TCD)、水素炎イオン化検出器(FID)及び光イオン化検出器(PID)など。
ガスクロ、GC、ガスクロマトグラフィとも称する。
また、検出器として質量分析計(MS)を結合した装置はガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)と呼ばれる。

ガスクロマトグラフ取り扱い企業一覧

ガスクロマトグラフの取り扱い企業募集中!

産業機器.comに製品を掲載しませんか?

>>WEB営業力強化支援サービス

おすすめ動画