産業機器、製造業に関するメールマガジン配信中! >>登録&詳細はこちら

連続酸化試験装置とは

連続的に一定温度(通常は高温)を保った環境において、大気中での各種材料の耐酸化性を評価する装置。
試験方法がJIS Z 2281(金属材料の高温連続酸化試験方法)で規定されているため、この規格に沿った試験装置が多い。

連続酸化試験装置取り扱い企業一覧

産業機器.comに製品を掲載しませんか?

>>WEB営業力強化支援サービス

おすすめ動画